趣味を超えて歌う事の意味について


私はアーティストのカバーを定期的にUPしていますが、何のためにそんなことをしているかと尋ねられたら少し前の私は困ってしまっていたと思います。夢を追いかけていた時は明確でしたが、そこから違う道へ進んだ今も、歌い続ける意味は何なんだろうと。正直ずっと悩んでいました。

みなさんも色々な趣味をお持ちかと思いますが、その趣味、何のためにしてますか?と尋ねられたらなんて答えるでしょうか。楽しいから、リラックスできるから、ストレス解消。

それに留まるのであれば、自分自身で完結できる本来の趣味なんだと思います。でも、その趣味が好きで、力を入れ始め、より多くの時間を使うようになると、人に見てもらいたい、人に認めてもらいたい、人に評価されたいと、どんどん趣味の領域から離れて行ってしまいます。

好きなことのはずなのに、どこか「頑張らなきゃ」みたいな強制的な面も顔を出したりしてきます。趣味なんだから、好きな歌を好きな時に好きなだけ歌い、別に人に聞いてもらう必要はない。これは正論ですが、どうしても寂しくなってしまいます。

自分の中に矛盾があっていつも答えが出ませんでした。

自己満足、自己満足と自分に言い聞かせても、その枠から飛び出してしまいます。飛び出したくなります。無責任と言う人もいるかもしれません。

歌だけに限らず、素敵な絵が描けたら人に見てもらいたいですよね?もっと些細な事では、身の回りで面白い事があったら友達に教えたいですよね?それで、面白いねって共感されるだけでも、うれしいですよね。ほんの少しですが、自分を認めてもらえたような気持ちにもなると思います。

もっともっと些細な事、名前を呼ばれるだけでうれしい事ありませんか?ただ、お願いしたい事があるんですけど~。と言われるよりも○○さん、お願いしたい事があるんですけど~。こっちの方がうれしいですよね。ものすごい小さな認めてもらえている感。最後の些細すぎる例は、私だけかもしれませんが …。

私の場合、歌を歌ってYouTubeに投稿していますが、頑張ってくださいと言われれば、単純にうれしいし、良かったですと言われれば、うれしいし、あの曲歌ってください、この曲を歌ってくださいと言われればうれしいし、ダメ出しもうれしいです。

よりたくさんの人に聞いてほしいとは思いますが、今聴いてくれている人を大切にしたいと心の底から思います。一度は、もう歌う事を辞めようと思いました。でもできませんでした。ものすごく反省もしました。それで気づけた事があまりに多く、まだまだ自分の中でまとめる事ができていません。

今は、少しでも私の歌を楽しみにしている人の為に、投稿する事をやめません。

この記事を読んで下さっている人、本当にありがとう御座います。音楽と向き合うのではなく、聴いてもらえている事、聴いてくれている人に向き合い、歌を歌って行こうと思います。

これからも宜しくお願いします。

すみません、なんか真面目に書いてしまいましたが、要するに「本当に本当にありがとう御座います」が言いたいだけです。

Yoichi.





趣味を超えて歌う事の意味について」への3件のフィードバック

  1. 松原正恵

    いつも聴かせていただいています。ありがとうございます(^^)

    Yoichiさんの認めてもらいたいという気持ち、よくわかります。私も名前で呼ばれてのお願いという些細な幸せ、すごく共感できます。これだけのことを考えられる方だから、ステキな曲に命を吹き込むことができてみえるのですね♪

    私も色々と悩み、まだ完全には答えを見つけ出すには至っていません。私の場合は、主人を若くして亡くし、二人で描いていた人生観を追えなくなった悲しさ空しさ等々。子育ても大学生と高校生の子ども達だったので、一段落したようなものでしたから。仕事が趣味のように大好きな職種なのですが、現実逃避で没頭している自分に気付き、昨年度の1年間は、退職し静養していました。今はでも、あえていうなら、ビジョンが描ける兆しが見えてきたという感じでしょうかね。

    Yoichiさんの動画に出会ったのは、静養中です。ふたり。が初めてでした。Yoichiさんの作られた詞に、懐かしさ切なさ…色々な思いがグッと押し寄せました。Eric Claptonのcoverを聴いた時も繰り返し聴いていました。子守唄になっていた時期もありました。

    私自身、先のビジョンが描ける兆しが見えてきたと考えられるようになったのは、三本の轍を聴いたからですよ。繰り返し聴いては前進するための背中を押して頂いている感じを受けています。

    きっと、Yoichiさんとは20歳くらい離れているんじゃないかな?と思います(^^)
    人生、若い頃から色々な経験と苦労をした分、器がどっしりとして安定していくのだと思います。
    なによりも、自分で自分を好きになり、自分を信じること。自分にできなければ人に対してなんて、おこがましくてできないし、してもらえるなんて望むのもお門違いかな…なんて思いながら、最終的には、『なんとかなるさ♪』という悟りに近い気持ちで日々を過ごそうかなと思っています。
    いつか、吉田山田の日々もcoverしていただけると嬉しいです♪これからも、楽しみにさせていただきますね(^^)

    長々としたコメントにお付き合い、ありがとうございました。
    maikazu tomomiki

    返信
    1. yoichimorohashi 投稿作成者

      このホームページへの書き込み第1号です。涙が出る程、うれしがっています。ありがとうございます。

      誰しも悩みはあるものですよね。私がYouTubeに投稿している曲に、少しでも同感ができたり、また、それを聴いて気持ちが晴れる事があれば本当に幸せに感じます。

      人それぞれ、悩みの大きさは違うと思います。他人の悩みがその本人にとって、どれだけ大きい悩みかという事は、わかろうと努力してもなかなかわかるものではないとも思います。「わかったつもり」が一番相手を傷つけてしまうかもしれません。

      自分がつらいつらいと思いすぎて、周りが見えなくなった過去もありましたが、今はより外に目を向けて、生活できている自分がいます。

      おっしゃる通り、経験と苦労から人はできると思います。私はまだまだ稚拙な考え方しかできな部分もあり、そこが自分の嫌いなところでもありますが、今はしっかりと前を見て歩いて行きたいと思っています。

      松原さんも苦労をされていると思いますが、少しでも支えになれるよう、私も頑張ります。

      吉田山田の日々受け付けました^^
      気長に待ってもらえると嬉しいです。

      Yoichi.

      返信
  2. 松原正恵

    うわっ、第1号ですか!!それこそ、私の方が涙が出るくらい嬉しいです(*^-^*)スマホに触れる指先が震えちゃっていますよ〜ww

    よかったら、私のアメブロ覗いてみてくださいね!曲作りの参考になるようなエピソードがあればいいのですが。
    Facebookもですが、主人を亡くした後の私を気遣ってくださる方々に、近況報告しつつ「大丈夫だよ〜(^o^)ありがとう♪」を伝える手段として活用しています。

    自分で自分を嫌いなんて言うのは、やめませんか?だって、Yoichiさんを好きな人はいるんだから(^-^)私も、その1人ですよ♪
    私が好きだと(会ったことはありませんが、考え方等から、人として好きですよ^^)言っているYoichiさんが、自分を嫌いって言っているのを聞いたら(見たら)、私は『ん〜、自分で嫌いって言ってるのを、私が好きだと言ったら迷惑がられてしまう?混乱されてしまうのかな!?』と、私は迷い子になりそうです(笑)例えとしてですけど(^-^)

    だから、どうぞ自分大好きなYoichiさんに1日も早くなっていただけますように…と願っていますね!

    『日々』気を長くして(^^)待ってます♪ありがとうございます(*^ー^)ノ♪
    maikazu tomomiki

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です