No.1にならなくてもいい、もともと特別なOnly 1。世界に一つだけの花


SMAPの代表曲で、歴代CDシングルの中で21世紀最も売れたシングル曲です。(オリコン調べ) もともとアルバムの中の一曲でしたが、シングルカットされ爆発的ヒットとなり、現在でも教科書に載るほどの国民的な歌になっています。

発売年は2002年、私は当時中学生でした。その当時、なにかにつけてOnly 1 でいいじゃないかと言われていた時代です。今もその名残はあって、運動会で順位はつけない学校があるとニュースでも頻繁に報じられていますよね。私自身、振り返ってみると、何かできない事がある度に、自分への言い訳として、これができないのは個性だと思う事もあったと思います。頑張ってできるようになろうって思う原動力みたいなものが少し足りなかったのかなっと思ったりもします。でも、その言い訳に救われている部分もあるので、一概にどちらが間違っていて、どちらが正しいとも言えないと思います。少し前のような、競争力のある幼少時代を過ごし、立派になっている方、あるいは、今の個性を伸ばす風潮のある社会の中で、その個性を伸ばし凄い才能を開花させている方がいたりと、やっぱりどっちがいいとも言えないと思います。書いていて、はっきりしなくてすみません。私個人的には、No.1にならなくてもいいと言われても、No.1になりたいとは思います。でも、なれない理由探しをいつもしているように感じます。逃げ道を探していますね。あれこれこういう理由でなれないとか、そもそもNo.1になんてなれるはずがないとか。少しネガティブな印象を受けるかもしれませんが、実際は体の中は、やる気に満ちあふれていて、カッカと燃えていたりします…笑。少し話しそれますが、学生時代、テスト前に「全然勉強してない〜」、テスト終わった後も「全然できなかった〜」、数日後テストが返却されて、見事な点数をGETしている謎な友達。いましたよね?こういう人は、何層にも自分を守る盾を持っているのかもしれません。なりたくないなと思っていても、大小関わらず他人や自分に言い訳をする事もあり、自分の嫌いな所です。人がどう思っているのか、というか、どう思われているかが常に気になってしまいます。そんな時は、誰も自分に対して期待はしていないと思うようにしています。聞こえはものすごく寂しく、悲しいですが、気持ちは確実に楽になります。本来の自分を出してもいいんじゃないかとも思わせてくれます。少しずつですが、作り込まれた自分ではない自分外へ出して行けたらなと今は思います。感情よ、表へ出てこい!!

みなさんは、自分自身で理想の自分を作ってしまっている事はないでしょうか。

Yoichi.





No.1にならなくてもいい、もともと特別なOnly 1。世界に一つだけの花」への3件のフィードバック

  1. 松原正恵

    連日コメント、失礼します(^^)松原です。

    人からどう思われているか、どう見られているか…以前はすごく気になっていました。子どもの頃から大人になって社会に出ても、わが子の関係で新たな社会が広がっても、身内の看護で病院に通っていた頃…あげたらきりがないです(^_^;)

    誰も自分に関心なんて向けていない、期待していないって思ってみては、寂しく悲しく思ったこと、私もあります。

    でも、本当に孤立してしまったら、人間駄目になります。周りを遮断してしまいます。生きる気力をなくします。

    結局、自分のありのまま、素の自分と向き合うことから逃げているからなんだけど。私は『素直になれぱ問題はなにもない』という絵カードを見ては、自分に言い聞かせてみましたが、自分の長年籠ってきた殻を破るのには、すごく勇気がいりました。やってみて、すぐに目に見えて結果が表れるものではないので、また殻へ向かい出入りを繰り返しています。

    とても難しいことなんですよね。この課題は…。そんな難しい課題に気付けたことが、違う角度から見たら、実はすごいことなんじゃないかな!って思ったら、ふっと気持ちが軽くなりました。誰しも思っていそうでありながら、一時で過ぎてしまう人もいるでしょう。考え始めると奥の深さに気付き、はまりこんでは自己否定したくなる人もいるでしょう。
    自分の気持ちに素直になる!これって最強なんじゃないかなって思います。
    人に見られているかも➡いやだな…どうしよう…➡素直に「なに?なにかある?」って聞いてしまえば、なにかしらの応えは返ってくるのだから。そうしたら、そこからまた素直になって考える…。
    足し算ばかりしていた時には、気付かなかったけど、足し算以外に方程式を組むことを考えたら、意外と単純な答えにありつくこともあったり…。
    人生いろいろだから、いろいろな感情を分化して、その時々の年齢や環境といったフレーバーによっても、自分の嫌いだなっていう部分との向き合い方や、受け入れ方も変わっていくのかな。

    考えるだけ考えたらそこで唐突に、一つの事柄から、こんなに奥深く広く考えられること、ステキじゃない!?単純な私の結論は、こんな感じでハッピーエンドにして笑顔にしています(^^)
    一度きりの人生、人生の重さを知ってしまうと単純に考えて、素直に笑顔でENDへと、私は流れを変えています。微力ですが、自分のため、周りの人のために!

    きっと、Yoichiさんも奥深さを知っていらっしゃるから、歌を通して語りかけ導いてくださっているのかなって感じています。器の大きな方だなと(^^)

    古い歌ですが、青春の影という歌ご存じですか?財津和夫さん(チューリップ)の曲で、coverもよくされています。
    少し方向は異なりますが、人生に向き合って考えられたんだろうな、いいなぁと好きな曲です。青春の影も、requestさせていただきますね!いつか歌ってください(*^ー^)ノ♪

    返信
    1. yoichimorohashi 投稿作成者

      こんばんは。コメントありがとうございます。「素直になる」やっぱりこれは難しいと思います。
      素直な自分こそ、本来の自分だと思いますが、成長して社会に出て行くにつれて、自分を守るべく
      殻を作って理想の自分を作り、本来の自分から遠ざかってしまう。いつの間にか、自分と殻との境目がどこか
      わからなくなってしまう。こんな事もあると思います。また、こう言われたら一般的にはこう返答するのが
      無難…。など。自分の考える素直こそ、まだ作ってしまっている素直なんじゃないかと迷宮入りする事も
      多々あります。でも、作られた自分も自分は自分なんですけどね笑
       相手を気にするのではなく、相手を気にかける事で本来自分が持っていたはずの素直さが出てくる様な気もします。
      自分だけで精一杯の時は無理をせず、余裕のある時は相手を気にかける、自分勝手のようですが
      自分が潰れてしまっては、元も子もないのでそこはわがままでもいいのかもしれませんね。
      まとまらない、返信ですみませんが、要するに無理はして欲しくない。
      という事です。^^

      返信
      1. 松原正恵

        ありがとうございます!
        Yoichiさんが伝えたいこと、よくわかりました(^^)
        相手を気にかけることで、本来自分が持っていたはずの素直さが出てくる…なるほどなぁと思いました!

        自分だけで精一杯の時は無理をせず、余裕のある時は相手を気にかける、確かに自分が潰れてしまったら元も子もないですね(^^)

        無理をしてはいけませんね。無理をしていないつもりでも、周りから見たら、無理をし過ぎだと見えているのなら、自分で気付かない振りをして頑張ってしまっているのかなぁ…。そう考えたら、素直ではないですもんね(^_^;)

        言い訳も自分を守るためには、時として必要ですね(^-^)

        気持ちがすっきりしました!歌声だけでなく、ことばでも気持ちを穏やかにしていただけました♪感謝しています!ますますファンになってしまいました(*^^*)
        これからも、いろいろな投稿を楽しみにしています!

        返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です