Netflix おすすめオリジナル作品 「宇宙を駆けるよだか」

Netflix オリジナル作品

 

☆自分の見た目に自信がない人におすすめの映画

「宇宙を駆けるよだか」

 

「あの子は可愛くていいなぁ」

「あいつは背が高くていいよなぁ」

なんて思ったことがある人はたくさんいると思います。

もちろんわたしも、かわいい顔で生まれたかったですし、欲を言えば性格も良くて、面白いことも言えて、気も利いて、お金持ちで・・・強欲ですね。笑

私の場合は、身長が高いのが嫌で、背が低いクラスメイトに、身長交換してくれ~なんて話を昔よくしていました。

 

少し脱線しすぎましたが、この映画はそんな憧れの人と入れ替わるおはなしです。

ですが、よくある入れ替わり系の話とは違って、意図的に入れ替わります。

と言っても、主人公は憧れられている人。主人公にとっては望まない入れ替わりです。

あの南海キャンディーズの山ちゃんが面白かったと絶賛!




キャスト

小日向あゆみ(清原果耶)

どちゃくそ可愛くて誠実な良い子。

海根然子(富田望生)

おぶす。性格がすこぶる暗くてネガティブ。

火賀俊平(重岡大毅)

関西弁のお調子者。クラスのみんなから愛されてる。

水本 公史郎(神山 智洋)

真面目で秀才。あゆみの彼氏。

あゆみは、長年の恋が実り、彼氏との初デートに向かっていました。ですがその途中、クラスメイトの然子から突然の電話。

 

「わたし、これから死ぬから」

 

あゆみの目の前で然子はビルから飛び降り、それを目の当たりにしたあゆみは倒れてしまいます。

 

目を覚ますとそこは病院。

先生はあゆみに向かって言いました。

 

「うみねさん、道で倒れていたんですよ。」

 

あゆみは???となりました。

鏡を見るとそこにはなんと、海根然子がうつっているのです。

 

自分なのに、自分ではない。

本当は小日向あゆみなのに

誰にも信じてもらえない。

1番最初に気づいてくれたのは火賀でした。火賀はみんなに冷やかされても、中身はあゆみだから気にすんな!と一緒にいて励ましてくれました。いや~イケメンですね。

対照的にあゆみの彼氏のしろちゃんは、あゆみと然子が入れ替わってるとわかってからも、あゆみの見た目が大事なんだとか、火賀に憧れてるとか、何言ってんだこいつって感じでした。

 

 

↓ここからネタバレ↓

 

 

 

なんやかんやあって、あゆみは元に戻れるし、しろちゃんはあゆみのために嘘をついて然子に近付いて、入れ替わりを元に戻すヒントを探してたわけだし、火賀くんは最後身を引くところまで最高に推せました。

つまるところ、人間は顔じゃなくて中身が大事だな!

そんなおはなしでした。

 

PS

簡単に他人になれる

ハロインの時期が近づいてきました。こんな変装はいかがですか。

 








 

著:はまさき

最新情報をチェックしよう!