Michael Bublé – Home


第1回目の投稿です。 YoutubeにはいくつかCover動画をUPしていますが、一番最初にMichael BubléのHomeについての記事を書こうと思った理由は、聴く音楽のジャンルを広げてくれた私にとって大事なアーティストだからです。ジャンルを広げてくれたアーティストだと結論は書きましたが、もう少し細かく書きます。説明の前にCoverした動画聴いてもらえると嬉しいです。

Michael Bublé – Home

この曲を初めて聴いた時、大学一年生でした。その当時から歌う事は好きで、日々高い声を出す為にはと考えていていました。聴いていたアーティストはMichael Jackson, Maroon 5, Jason Mraz, Usher, まだまだ挙げればきりがないですが、ハイトーンボイスがメインです。高い声を出す事ばかりを考え、出ない高音でも声を張って、意地でもキーは下げずに歌っていました。そんな時に出会ったのが、Michael Bublé です。「えっ」って思いました。今思えばなんてことはないんですが、低い声って男性だけが出せる訳で … そこの魅力に気付けていませんでした。Michaelの低音と言葉のリズムにやられてしまいました。その当時、今もそうですが、リズム先行の曲が流行っている中での、メロディー重視 … 一気に吸い込まれるように好きになりました。 それからは、Craig David, Babyface, Jack Johnson, などノリノリというよりは、気づくと落ち着いた曲を聴き漁っていました。 それぞれのアーティストのおすすめ曲を下にリンク貼っておきます。気に入ってもらえる嬉しいです。 Craig David – Do You Believe In Love The Story Goesというアルバムの中の収録曲です。アルバムとして完成度が個人的には抜群です。

Babyface – Every Time I Close My Eyes

補足ですが、Sheという曲があります。Babyfaceの歌で一番好きです。残念ながら、Youtubeにありませんでした。いつかカバーします。

Jack Johnson – better together

この人、手のでかさ半端ないです。

  これからもどんどん紹介して行きます 🙂

Yoichi.  





Michael Bublé – Home」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 高い声の練習 (ミドルヴォイス) 〜 LET IT BE 〜 | Takoichi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です