写真家「グレゴリーコルベール/Gregory Colbert」


いつかGregory Colbertの写真をリビングの壁に飾りたい。

angiface.wordpress.com

1960年、カナダ・トロント生まれ。グレゴリー・コルベールの活動は、パリで社会問題を題材にしたドキュメンタリー映画の制作から始まる。その後映画制作から芸術写真へと転向し、1992年には初の個展をスイスのエリゼ美術館で行い、その後の約10年は作品をいっさい発表せずに、世界各国約40カ国以上訪れ、人間と動物の交流を描いた作品を撮影。2002年、イタリアのベネチア・アーセナルでashes and snowを開催。その後、カリフォルニア州サンタモニカでの展示会後、東京・お台場での開催が決定する。(出典:veritacafe)

 

一切CGは無いんです。

根気強くたった1枚の為に、待ち続けるんですよ。ものすごく素敵ですよね。

お気に入りはこの一枚。

www.roppongihills.com

www.roppongihills.com

右の写真「ひざまずく象に本を読み聞かせる少年」

別世界のような写真です。

 

学生時代学んでいた事と少し近いのですが、人間圏と動物圏を区別している今の社会とは全く別の世界で、個人的にはすごく魅力的に見えます。

海のミネラル成分と血液のミネラル成分が近い事も、人と自然はどうやっても切り離せないんだなと思います。

 

話しは変わりますが

冨田と久しぶりに歌いました。

聴いてくれた人

本当にありがとう。

Yoichi.





写真家「グレゴリーコルベール/Gregory Colbert」」への2件のフィードバック

  1. 松原正恵

    Yo1Ko2 久しぶりに聴けて嬉しいです♪
    お二人のコラボは、気持ちがほっこりとします(^-^)ありがとうございます♪

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です